あごニキビの原因(女性編)

あごニキビの原因(女性編)

生理前になると、急に「あごニキビ」が増えるという女性は大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

 

また、生理の前後になると、シミが目立ってきたり、乾燥肌がひどくなったりする場合もあります。
でもなぜ、生理の前後、とりわけ生理前になると、このようなお肌のトラブルが現れてしまうのでしょうか?

 

 

それは、生理前に分泌される女性ホルモンのひとつである「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と深い関わりを持っているんです。

 

生理前になると、この「プロゲステロン」が過剰に分泌され、全体的なホルモンのバランスが崩れやすくなります。
さらに、それにより皮脂の分泌量も増え、男性ホルモンの集まりやすいあごに、ニキビができやすくなるということなんですね。

 

 

そしてもうひとつ。
忘れてはならない「あごニキビ」の原因となるものについて、お話をさせていただくことにしましょうね。

 

その原因とは?

 

それは、「メイクの洗い残し」なんです。

 

あなたは普段、どのような方法でメイクを落としていますか?

 

まずはクレンジング、そして洗顔フォームという順番が一般的ですよね?

 

ここできちんとメイクが落せている場合には、毛穴に化粧品が残ることもありませんので、「あごニキビ」の原因ともなりうる「毛穴詰まり」が起こる心配は、ほとんどないでしょう。

 

ところが、完全にメイクが落せていない場合には、化粧品の成分がお肌に残り、これが就寝中に分泌される皮脂と混ざり合い、「酸化」が起こります。
さらに、「酸化」した化粧品と皮脂が毛穴にもぐりこんでしまうと、「あごニキビ」や「皮膚炎」を起こす危険性が大きいんです。

 

どんなに疲れていても、特に生理前にはしっかりとメイクを落としてから就寝することを、心がけて下さいね。

 

 

とはいえ、洗顔のし過ぎはお肌によくありません。

 

というのは、日常的に過度な洗顔を行っていると、「表皮を守れ!」という身体の機能が働き、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。
そうなってしまうと、「あごニキビ」だけではなく、お肌の「ターンオーバー」機能が弱まり、乾燥肌を招くことになります。

 

特に生理前に現れやすくなるのが「あごニキビ」ですが、普段から「睡眠不足」や「偏食」を避け、正しい洗顔を行っておくことで、「あごニキビ」ができてしまう確率は下がりますよ。

 

<< TOPページでまとめを見る