あごビキビにオロナイン

繰り返すあごニキビ

古くから、日本の各家庭で親しまれてきた市販薬、それはなんといっても「オロナイン」ではないでしょうか?

 

「オロナイン」のおもな効能は、「擦り傷」や「切り傷」ですが、実はこの軟膏、「あごニキビ」にも効果があるとのウワサも。

 

ではなぜ、「オロナイン」が「あごニキビ」に効果を発揮するのか、まずは成分から調べてみることにしましょうね。

 

 

「オロナイン」の主成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」というもので、この成分は「殺菌・消毒」に大変効果が高いといわれています。

 

また、アレルギー反応が起こる危険性の高い「副腎皮質ホルモン」は配合されていないため、敏感肌や乾燥肌など、肌が弱い方でも安心して使用することができますね。

 

ということは?

 

「あごニキビ」の原因ともなり、悪化させる「アクネ菌」に対し、効果が期待できるということになりますね。

 

 

それでは次に、「オロナイン」を使用する際の注意点を、いくつか挙げておくことにしましょう。

 

まず肝心なことは、「洗顔後の清潔な肌に使用すること」。

 

不潔な状態の肌に使用してしまっては、外部からの汚れに加え、皮脂がそのまま肌に残っている状態であるため、毛穴をふさいでしまい、「あごニキビ」を悪化させてしまうことが考えられます。

 

また、メイクの上から使用することも逆効果です。

 

「オロナイン」を使用する際には、肌を清潔にしておきましょう。

 

 

そしてもうひとつ。

 

このような軟膏を使用する際には、「つけ過ぎ」にご注意を。

 

多くつければ高い効果が得られるということはなく、特に「あごニキビ」のように肌が炎症を起こしている場合には、指先や綿棒に少しだけ乗せて、優しく肌に伸ばしましょう。

 

くれぐれも、強くこすって肌を刺激することのないよう、気をつけて下さいね。

 

このように、「あごニキビ」に対して高い効果が期待できる「オロナイン」ではありますが、もともとが「脂性肌」の方や「アトピー性皮膚炎」の方は、どうかすると逆効果になってしまうこともあります。

 

そのような方は、自己治療を行う前に、まずは皮膚科で診断を行ってもらいましょうね。

 

 

ただし、オロナインの本来の使用方法ではありませんので、お試しは自己責任で。

 

メーカーが効能を明記していない疾患に使用することはあまりオススメはできません。

 

 

しっかりとケアをするならビーグレンなどの専用のケア用品を使用する方が安心かも知れません。

 

TOPページでビーグレンの使用感もご紹介していますよ。

 

<< TOPページでまとめを見る