しこりがあるあごニキビ

しこりがあるあごニキビ

「あごニキビ」って、なかなか治りにくしいし、なんだか奥の方にしこりがあるんだけど?

 

肌が腫れて痛いし、しこりができているみたい。
無事にニキビは治ったんだけど、しこりだけが残ってる・・・。

 

このような「あごニキビ」のしこりに関する悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

 

それでは、「あごニキビ」に伴うしこりの種類や原因、治療方法などについて、ご説明させて頂くことにしましょうね。

 

 

まずは、ニキビの種類を知りましょう。

 

白ニキビ

ニキビのでき始め、それは「白ニキビ」と呼ばれ、肌の色が変色することもなく、小さな発疹がポツリとできます。

 

この段階で治療を行えば、自己治療であっても早い段階で完治することも可能です。

 

また、「白ニキビ」の段階で毛穴が開くことはなく、しこりもできません。

 

 

赤ニキビ

さらにそれが悪化すると「赤ニキビ」となり、肌は赤く炎症を起こし、膿がたまった状態になるため、痛みを伴うことが多くなってきます。

 

この段階でもまだしこりはできませんが、「白ニキビ」が悪化した状態であるため、早期に自己治療または、病院での治療が必要となるでしょう。

 

 

黄ニキビ

そして「黄ニキビ」。

 

これは「赤ニキビ」がさらに悪化した状態で、ニキビの最終形態ともいえる症状です。

 

こうなってしまうと、「表皮」だけではなく、「真皮」にまでダメージが加わり、これがしこりの原因となり、痛みを伴います。

 

この場合、自己治療ではどうにもなりませんので、「皮膚科」で治療を行う必要がありますね。

 

 

黒ニキビ

そして、特殊なニキビとして挙げられるのが「黒ニキビ」です。

 

これは、上記のような膿を持つタイプのニキビではなく、肌の角質と皮脂が混合し、酸化を起こした状態で、毛穴が開き、肌の表面に黒いポツポツとしたものが見えている状態です。

 

これは「コメド(角栓)」と呼ばれているもので、無理に絞り出そうとしても、なかなか出てきてはくれません。

 

また、絞り出せたとしても炎症を起こす可能性があるため、やはり「皮膚科」での治療がいちばんですね。

 

このニキビは痛みは伴いませんが、しこりの原因となる場合があります。

 

 

また、ニキビの治療後に痕がしこりとなって残る場合もあります。

 

これは「表皮」から「真皮」にかけての皮膚再性異常が起こっている状態です。

 

このような場合にも自己治療は難しくなりますので、しっかりとしたケアが必要になりますね。

 

<< TOPページでまとめを見る